入学
案内
FEATURE
学びの特徴

青雲寮

仲間と共に高め合い、
東大・難関国公立大学医学部を目指す。

平成4年4月に学園敷地内に設置された、男子寮です。
青雲寮は単なる寄宿施設ではなく、集団生活を通して人間的な成長を目指す教育施設です。スポーツ大会やバーベキュー大会、映画鑑賞会など寮生のためだけの行事も多彩、絆を深め合いながら充実した生活を送ることができます。
また、東京大学や難関国公立大学医学部をはじめとした志望校合格のために、
青雲寮独自のサポート体制を用意しています。

青雲寮の教育目標

point 1

自主自立の精神を養う

親元を離れ集団生活の中で、人を頼らず、自らの考えと計画をもとに、自らの生活をプロデュースするという自主自立の精神を養うことができます。

point 2

他者との協調を学ぶ

共同生活の中で友情を育み、よりよい人間形成を目指しています。スポーツ大会やバーベキュー大会、映画鑑賞会などの寮生のためだけの行事も多彩。多くの人の様々な価値観に接することで、他者を尊重し、他者と協調することを学びます。

point 3

安定した生活習慣の確立

雲寮には日課というみんなで守るべきタイムスケジュールがあります。起床・食事・入浴・学習・就寝などが規則正しく決められ、安定した生活リズムが出来上がります。

point 4

独自のサポート体制を用意

同居する寮父・寮母と各学年のチューター(本校教員)が緊密に連携をとり、生活面・学習面のサポートをトータル的に行います。

施設

充実した施設が寮生の生活と学習をサポートします。

小部屋(4人以内)19室(高校生)

大部屋(8人以内)8室(中学生)

学習室

補習室

ホール

事務室

大浴場

洗濯室

保健室

青雲寮の生活

寮生の生活は、宿舎内に同居する寮父・寮母をはじめ、専属スタッフがサポートします。また、学年ごとのチューター(本校教員)が学習・生活両面にわたって指導します。

寮長 東 孝信

学年も出身も生活習慣も性格も違う100名あまりの 中高生が共に生活しています。時には自分の主張より 他人に合わせなければならないこともあります。常に 「己の欲せざること人に施すなかれ」という気持ちが 大切です。この経験が公共性、協調性、社会性となって 社会で大きく花開きます。私は寮生が寮生活をしている 時間帯は、寮長室にいるよう心がけています。気軽に 相談してください。いつでもWelcomeです。

学年も出身も生活習慣も性格も違う100名あまりの 中高生が共に生活しています。時には自分の主張より 他人に合わせなければならないこともあります。常に 「己の欲せざること人に施すなかれ」という気持ちが 大切です。この経験が公共性、協調性、社会性となって 社会で大きく花開きます。私は寮生が寮生活をしている 時間帯は、寮長室にいるよう心がけています。気軽に相談してください。いつでもWelcomeです。

寮生の生活は、宿舎内に同居する寮父・寮母をはじめ、専属スタッフがサポートします。また、学年ごとのチューター(本校教員)が学習・生活両面にわたって指導します。

日課

規律正しい集団生活を通して基本的生活習慣や学習習慣を身につける共同生活の中で友情をはぐくみ、よりよい人間形成を目指しています。

食事

朝食は朝礼後、夕食は放課後18時以降に学園食堂でとります。専属の栄養士が栄養バランスを計算し、健康面・栄養面に配慮しています。 昼食は青雲寮で配布される食券を利用して学園食堂でとります。なお、西大和学園ではお昼休みに数種類のお弁当販売を行っているほか、寮生専用のお弁当を注文することもできます 寮生は月に1度、近くの飲食店で夕食をとる「特食日」を設けています。 牛乳やヨーグルトは、寮で注文を受け付け配達されます。

健康管理

寮夫・寮母が住み込み、日々のコミュニケーションはもちろんのこと、健康面や生活面のサポートを行っています。 また、病気になったときなどにも寮夫・寮母が責任を持って病院に付き添います。 なお、学校周辺には内科、外科、耳鼻科、眼科など各科医院や歯科医院、総合病院が複数揃っているので安心です。

洗濯・清掃

制服・ワイシャツ・体操服・靴下・肌着・タオルなどは、寮のスタッフが洗濯、乾燥をします。 ただし、私服は各自の洗濯となります。 また、居室の清掃は各自で行いますが、共有スペースは寮のスタッフが行います。

学習サポート

学習時間中の監督者による個別指導だけでなく、中学生を中心に数学や英語の補習や英会話教室などの学習サポートも行います。 また、高校生には、目指す進路への意欲をかきたてる卒業生による講演会や見学会を実施。特に高校3年生には、卒業生による学習相談や進路相談など、一人ひとりのニーズにあわせた学習サポートシステムを用意しています。

学校との連携

各学年ごとに置くチューターが、学校生活のサポート、寮と学校との連携に努めています。
ご家庭への連絡も主にチューターが行います。

閉寮期間と帰省

土曜日の午後、日曜日、祝日は申し出により帰省することができます。
GW、夏休み8月の中旬約10日間、年末・年始約1週間、春休み約1週間は閉寮になります。閉寮期間中は原則として帰省していただきます。

寮生の出身地

青雲寮の行事

長期休暇の期間を除き、およそ1ヶ月に1度、寮生独自の様々な行事を行い、寮生相互の親睦を図っています。

特食(毎月)

月に1度、この日だけは学園食堂ではなく、近くの飲食店にて夕食をとる「特食日」を設けています。

バーベキュー大会(4月・7月)

4月は新入生歓迎会も兼ねて、寮父寮母、チューターもみんな一緒になって楽しい一時を過ごします。7月は七夕バーベキュー大会です。11月にも秋のバーベキュー大会を行います。

スポーツ大会(5月・9月)

放課後の体育館、グラウンドを使って開催するスポーツ大会。グラウンドではサッカー、ソフトボール、体育館ではバスケットボール、バトミントン、卓球など思い思いのスポーツを満喫します。

映画鑑賞会(6月・10月)

上映作品は寮生の自治会と相談しながら決めています。

餅つき大会(1月)

お正月はみんなで餅つきをおこないます。はじめて餅つきを体験する生徒も多い中、わいわい楽しく杵をふるいます。はじめて自分でついたお餅は、特別な味がするに違いありません。

遠足(2月)

学校周辺の散策から始まり、奈良公園や平城京跡、ちょっと足を伸ばして飛鳥や吉野へ。西大和学園周辺には、歴史ロマンの漂う奈良の見どころが数多くあり、そんな世界遺産や文化遺産を、自分の足で巡る楽しい遠足です。

保護者への情報発信

寮内のコンピューターを使ってメールが送受信できるほか、チューターからもメールや電話で様子を随時お知らせします。
青雲寮保護者専用ホームページでは、連絡事項や寮のようす、毎日の食事メニューなどを閲覧することもできます。

寮通信 本校ホームページ内に寮生保護者専用のページを設けて寮生活の様子を紹介しています。
中学保護者懇親会 中学生の保護者には、中学体育祭前日に保護者懇親会を実施しています。
高校保護者懇親会 高校生の保護者には、育友会総会当日に保護者懇親会を実施しています。
地域別保護者会 東京、名古屋、岡山、福岡など年に1回、11月を中心に各地で実施します。
学年別保護者会 年1回、学校行事等で来校される機会に実施します。

卒業生・保護者の声

卒業生・保護者の皆様のインタビューをご覧ください

青雲寮Q&A

Q
実家への帰省は?
寮生はGW、長期・冬期・春期休暇中を利用して帰省をしています。土曜日の午後、日曜日、祝日も届出により帰省できます(帰寮は日曜日や祝日の午後7時まで)。
*最寄駅:近鉄大輪田駅 徒歩約3分・JR王寺駅 バス約5分
JR王寺駅よりJR大阪駅まで快速約31分、JR天王寺駅まで快速約17分
Q
自宅との連絡方法は?
寮内に10台の着信専用電話があります。寮生は青雲寮事務室にて着信専用電話を借り、公衆電話から自宅に電話します。そこで着信専用電話の番号を家族に伝え、コールバックをしてもらいます。ゆっくりと学校生活の話や進路相談をしています。 また、寮内のコンピューターを使ってメールを送受信することも可能です。
Q
病気になったときは?
寮には保健室があります。また、寮生がお世話になっている病院をご紹介し、チューターや寮父・寮母が引率します。インフルエンザ疾患などの場合、完治するまで自宅療養して頂きます。
Q
風邪などの薬はありますか?
自宅で飲み慣れた薬や病院から処方された薬があれば、各自準備していただき、事務室でお預かりいたします。事務室には、家庭の常備薬と同じ程度の薬があります。服用する場合は、保護者に寮生の症状を伝え、投薬の確認をしてから服用させます。
Q
衣類等の洗濯は?
制服のカッターシャツや私服はクリーニングに出しています。体操服やタオル、下着類は寮スタッフが洗濯します。部活のユニフォームなど、それ以外のものは各自で選択します。
Q
お小遣いの渡し方は?
週1度、寮生がお小遣いの出金願いを提出し、毎週金曜にチューターが監査し、寮父・寮母が手渡しています。高額の場合は、事前に保護者に許可を取っています。
Q
住民票を移す必要はありますか?
生活の本拠(拠点)が実家などの場合であれば移す必要がありません。ただし、海外在住の方で入寮する場合は、日本国内に住所を移してください。
Q
買い物は?
自由時間内であれば、近くのコンビニやショッピングセンターへ出かけることができます。学園周辺にはたくさんのお店がありますので、生活に必要なものは揃います。また、大きな買い物は自宅から送ってもらうこともできます。
Q
休日の過ごし方は?
過ごし方はさまざまです。部活動の試合に出かけたり、帰省する寮生もいます。大阪方面へもアクセスが良く(電車で約20分)、お友達と出かけたり、グラウンドでスポーツを楽しむ寮生もいます。
Q
貴重品の管理は?
貴重品は、中学生は寮で、高校生は自己もしくは寮で管理します。携帯電話は所持できません。

費用

入寮費 入寮時:120,000円
寮費 月額:85,000円(朝・夕の食費、室料、人件費、水道光熱費、雑費等を含む。)
その他 寝具リース代:36,000円(年額)
学習椅子代:10,000円(入寮時)
生活費預り金:31,000円(月額/小遣い、昼食代など余剰金は希望により返金)

お問い合わせ・資料請求を
お待ちしております

※本校は、全国私立寮制学校協議会(全寮協)加盟校です。加盟校一覧はこちらへ